【環境土木科3年】☆ドローン実習☆取材に来られました

2018年5月25日

本日平成30年5月25日(金)、3年生の実習班の一つである、「ドローン測量実習班」に、新聞社とテレビ局合わせて4社のメディアが取材に訪れました。

以下、本日の様子です。

①座学…室内で本日の要点を学びました。



少しだけずれた2つの画像を左右別々の目で見ると立体に見えます。

②その後、グラウンドでドローン測量を行いました。
飛行・撮影ルートを設定しています。




屋外でドローンを飛行させる際には様々な法的規定があり、基本的には国土交通省より許可を得た教員が飛行させることになっているため、生徒が飛行させることはできませんが、測量をする範囲や撮影ポイントなどの様々な設定は、生徒が主体的に行います。

③実習室に戻り、観測したデータをパソコンに取り込み、PhotoScan というソフトで解析を行いました。


ここもすごいんです。空撮したデータをもとに解析作業を行うことで、3Dでモデリングすることが出来るんです。

④最後に体育館で飛行練習を行いました。


体育館は閉塞された場所ですので、生徒も飛行練習をすることが出来ます。
「落下させたらどうしよう・・・。」と思う不安な気持ちもありますが、それを超える楽しさを感じているようで、その眼は輝き、真剣そのものでした。

⑤その後・・・


メディアからの取材を受けましたが・・・こちらのほうが緊張した様子でした^^;

このドローン測量実習の取り組みは全国的にも珍しく(調べた範囲では全国初です!)、手探りの状態から準備を進めてきました。背景には、現場見学の際に実際にドローンを使用されているお話や実物を拝見させていただいたことも取り組むきっかけの一つとなりました。
生徒には、次世代の土木技術に触れ、学び、楽しさや驚きをもって学習し、その身に付けた技術を活用し、地域に貢献できるような「人財」となって羽ばたいてくれることを期待しています。

ちなみに本校環境土木科3年生の実習では今年度よりスタートした「ドローン測量実習」の他にも、「CAD実習」「トータルステーションを用いた測量実習」「土質実験実習」の、計4つの実習に取り組んでいます。

【電子機械科2年生】工場見学へ行ってまいりました

2018年5月25日

更新が遅くなりたいへん申し訳ございません。

平成30年5月23日(水)

電子機械科2年生も工場見学へ行ってまいりました。

昨年度M1Bだった生徒にとっては初めての工場見学です。

(昨年度冬の工場見学の際には、インフルエンザが大流行し、M1Bは学級閉鎖となり、1クラスのみで参加させていただきました。)

午前中にはホーコス株式会社様、午後にはJFEスチール株式会社様で見学をさせて頂きました。

午前午後ともに会社概要の説明を受け、班ごとに分かれ工場や構内の見学に移り、最後に質疑応答といった流れになりました。

 

午前午後ともに、生徒からはたくさんの質問がでましたが、その1つ1つに丁寧に答えていただきました。

最後になりましたがお忙しい中、工場見学を受けてくださり、生徒に貴重な学びの時間と場を提供してくださいました、ホーコス株式会社の皆様、JFEスチール株式会社の皆様、本当にありがとうございました。

 

さあ、大切なのは今回学んだことや感じたことを受けて、これからどう行動するかです。

電子機械科2年生の今後の行動に期待したいと思います。

 

 

教育相談を行います。

2018年5月25日

教育相談室より 生徒及び保護者向け相談会を行います。

詳しくは第2回 保護者相談会(H30) をクリックしてください。

 

電気情報科2年工場見学

2018年5月24日

昨日、電気情報科2年生が工場見学に行ってきました。

午前中は西日本電気システム株式会社、午後からは、JFEプラントエンジ株式会社を見学してきました。

午前中の見学ではJRの新幹線の運行を制御している部屋を見させていただきました。

あいさつから始まり…

西日本電気システムの方から、会社の説明や見学の注意をしていただきました。

見学後、全員で記念写真を撮らせていただきました。

午後からは、JFEプラントエンジ株式会社に行きました。写真はないのですが、JFEプラントエンジでの新人研修の風景を見せていただきました。今年卒業した、T君とU君が元気に研修をしていたことと、E2の生徒の前でお話をしてくれました。

また、電機工場で、大きな電動機を修理している様子や、電動機のコイルを巻く作業場なども見せていただくことができました。

E2の生徒達も来年の進路を決めるための参考にしてくれたのではないかと思います。

大学見学へ行ってきました

2018年5月23日

平成30年5月23日(水)

1年団で福山大学へ大学見学へ行ってきました。

初めに1年生全員に工学部長・香川直己様より「大学で学ぶものづくりとは」など説明をしていただきました。

その後,各科に分かれて大学の見学を行いました。

電子機械科・・・機械システム学科とスマートシステム学科

電気情報科・・・情報工学科と機械システム工学科

環境土木科・・・建築学科と情報工学科

今回の見学を,今後の進路選択に活かしてもらいたいと思います。

最後に,福山大学の皆様,貴重な時間をとっていただき,本当にありがとうございました。

【電子機械科3年】工場見学:安田工業株式会社様、株式会社化繊ノズル製作所様に行かせていただきました。

2018年5月23日

平成30年5月23日(水)

電子機械科3年A,Bの2クラスで工場見学へ行ってきました。

午前中には安田工業株式会社様、午後には株式会社化繊ノズル製作所様へ行かさせて頂きました。

午前午後ともに会社概要の説明を受け、班ごとに分かれ工場や構内の見学に移り、最後に質疑応答といった流れになりました。
安田工業株式会社様におかれましては、笠工OBの社員の方から直接案内をしていただき、加工精度を追及する姿勢を、化繊ノズル製作所様におかれましては、化学繊維用のノズルをはじめ最先端技術に関する知見を得ることができました。

最後になりましたが工場見学を受けてくださり、貴重な時間と場所を与えてくださりました、安田工業株式会社の皆様、株式会社化繊ノズル製作所の皆様、本当にありがとうございました。

追伸

株式会社化繊ノズル製作所様から、公開可能な写真データをいただきましたので掲載します。

ありがとうございました。

【環境土木科2・3年】現場見学へ行ってきました

2018年5月23日

本日平成30年5月23日(水)、環境土木科2・3年生が、倉敷立体交差工事現場へ現場見学に行ってきました。

こちらの現場は、3年生が1年生のときから見学させていただいていた場所で、その変化に生徒は驚いた様子でした。

以下その様子です。

まずは、現場事務所で国土交通省のお仕事についてと、架橋の仕事について学びました。



続いて、架橋の現場見学へ移動しました。

あいにくの天候ではありましたが、今回の見学会も生徒にとって非常に有意義なものになりました。

最後は3年の三宅君が、「3年間続けて見学させていただき、その変化に驚きました。進路決定にも役立てていきます。ありがとうございました。」

とお礼のことばを述べて終了しました。

今回の見学会では、多くの生徒がメモを取りながら話を聞くことが出来ていたことが、とても印象的でした。

文末となりましたが、計画ならびにご説明くださいました、国土交通省、横河ブリッジの皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

その後、吉備真備公園で昼食見学を終え、帰校し解散しました。

大学・工場見学

2018年5月23日

平成30年5月23日水曜日  天気:雨

 中間考査が終わりました。今日は1年生は大学見学、2・3年生は工場見学へそれぞれ出発しました。

【笠工テクノ工房】環境土木科3年、西備支援学校との打ち合わせ

2018年5月22日

本日平成30年5月22日(火)、中間考査が終わったその足で、環境土木科テクノ工房班の6名と担当教員で、西備支援学校にて、依頼品の打ち合わせを行いました。

まずは、依頼品ひとつ目、洋式トイレの踏み台です。サンプルを作成し説明したので、伝わりやすかったかと思います。

実際に足を置いていただいたり、設置場所の寸法を計ったりしました。

次に依頼品ふたつ目、目隠し用の机のパーテーションです。

こちらもサンプルをふたつ作り、それぞれで説明しました。

どちらも工夫した点を上手に伝えていました。

必要なことはメモを取る。ぬかりなく出来ていました。引率教員はまるっきりメモを取らず生徒が全て行いました。

打ち合わせの最中には、依頼者の要望について「作れる作れない」の判断を自分達で出来ていたこと、要望に対して「○○してはどうでしょうか」などと提案できたこと。

初めてのこととしては上出来だ!と安心しきっていたところ、副校長より、

「私のような素人が聞いても、サンプルを作ってきてくれて説明してくれたお陰で大変よくわかった!皆さんの情熱が伝わり、良いものを作っていただけると思うと、感謝の気持ちで一杯です。」

と大変ありがたく嬉しいお言葉をいただきました。

(生徒は照れ臭そうでしたが…(笑))

さぁ、みんなあとは大好きなものづくりの時間です。みんなのがんばりは地域に貢献できるんです!

たくさん話し合って、意見を出しあってより良いものをプレゼントできるように、頑張っていきましょう。お疲れさまでした。

また、西備支援学校の先生方におかれましては、ご多忙中お時間をお取りいただきまして、大変ありがとうございました。

 

 

高校生ものづくりコンテスト(電気工事・電子回路組立)岡山県予選会(結果)

2018年5月22日

5月19日(土)に岡山職業能力開発促進センターで、高校生ものづくりコンテスト(電気工事部門・電子回路組立部門)が開催されました。

本校からは、電気工事部門に、E3山本達彦、E2奥島海の2人。電子回路組立部門に、E3秋岡拓翔、E3吉井健人の2人が出場しました。

(ここから、電子回路組立部門に偏りますが…ほとんど電気工事部門を見ることができませんでした…)

到着して、控室に移動しました。(電気工事組は、この時「おまえらの控室はここじゃ!」と言われながら、会場で工具の準備をしていました。)

控室で着替えを済ませ、すぐに受付、席順決めに向かいました。くじ引きをして席が決まります。


くじ引きで、席順が決まり(ちょうど真ん中あたりで見えなくもない位置取り)自席で工具とパソコンの準備をしました。少し、パソコンに関するトラブルもありましたが、何とか本番までには解決し、万全の状態へ。
その後、開会式。緊張した様子を見せております。
開会式後に電気工事、電子回路共に作業開始。電気工事組は詳細はわかりませんが、墨入れ用のひもが切れて復元に苦戦していたようです。

両名とも時間いっぱいまで作品を作り続けました。

一方、電子回路部門は、最初に2人とも設計製作回路の図面を書いています。これは設計力を競っています。

図面が書き終わると、回路の製作に入ります。部品のリード線を基板に差し込み…

部品をはんだ付けします。 

秋岡君は全体2番目に製作が完了しました。そして、回路の製作が終わり、プログラミングに入ります。

同じく吉井君もプログラミング作業に入りました。2人とも練習の成果を発揮しております。

2時間30分が経過し、プレ審査が行われました。吉井君、残念ながらプログラムが動作せず、見てもらうことができませんでした。その後の、悲しそうな視線を私に向けてくる様子をみて、何とも言えませんでした。

秋岡君は部品を交換してもらったこともあり、練習の時よりも実力が発揮され、たくさんのプログラムを審査してもらっていました。

その頃、電気工事部門は無事終了し、昼食をはさんで、片付けをしました。

片づける前に作品の前で1枚。ブレーカーの電源を入れる振りをしています。

山本君もスイッチを押す振りで1枚。

電子回路部門のメンバーも片付けを手伝い、電気工事の作品の前で1枚。

最終的に、全員で1枚。2人のサポーター(未来の電子回路部門の選手になるかも??)も来てくれています。

最終結果は、

電気工事部門

E3 山本 達彦 5位

E2 奥島 海  6位

電子回路組立部門

E3 秋岡 拓翔 7位

E3 吉井 健人 8位

中国大会には進むことはできませんでしたが、2年生が来年出場すると思うので後輩の指導に尽力してくれることを期待しています。